身の回りの物をリサイクルしていこう

リサイクルできる物あれこれ

リサイクルの概念を理解しておこう

毎日生活していると出てくるものがゴミです。
ゴミを捨てるときには自治体にもよりますが、分別しリサイクルをしていこうという意識が高まっていますね。
日本は世界的に見てもゴミの量およびゴミの焼却量が多く、ゴミ問題は身近かつ喫緊の問題です。
どうしても国土がせまいので埋め立てですますわけにもいかず、かといってゴミの量が急激に減るわけでもないので長いことゴミ問題は続いています。
リサイクル率もまだまだ高いとは言えません。

ですが、リサイクルの概念も徐々に広まってきているのは確かです。
リサイクルマークというのを見たことがあるという人は多いでしょうし、ゴミの分別をしたことがあるという人もほとんどでしょう。
そこから何を感じるかで違ってきますが、どこかに意識は植え付けられているのではないでしょうか。

物のない時代を乗り越え、日本は飽食の時代・消費の時代になりました。
大量の物を消費し、捨ててきましたが、それでいいのかという問いも同時にされてきています。

近頃ではリサイクルショップを利用して中古品を使用したり、あるいは捨てるときに持っていったり、という人も増えたのではないでしょうか。
不用品回収業者を利用することもあり、昔のもったいないの精神が復活してきた模様です。

リサイクルできる物というのは色々な物があります。
中にはこんなものまで、というものもあります。
このサイトではそうした物をまとめていますので、リサイクルについて今一度考えてみてください。

リサイクルを考えよう

リサイクルという言葉はだれしもが聞いたことのあるものでしょう。 今世界や日本のゴミ事情がどうなっているか、何故リサイクルの概念が広まっているのかを理解することは大事なことです。 物を大事にする気持ちを大切にし、リサイクルしてゴミ問題を解決していきたいところです。

ペットボトルやびんを飲んだらリサイクル

私たちはふだん飲み物を買うときペットボトルやアルミ缶、びんなどを購入します。 こうした物は早くから回収しているところがあり、リサイクルの概念の広まりに加勢していました。 リサイクルできる物といえば…でペットボトルを代表にあげる人もいるかもしれませんね。

家電のリサイクルあれこれ

大型・小型を問わず、ほとんどの人は家電を日常生活で使用しています。 こうした物が壊れたり不要になった場合、家電リサイクル法の施行によって、リサイクルするようになりました。 家電はどのようにリサイクルされ、何に生まれ変わるのかをみていきましょう。

TOPへ